医学書買取・専門書や辞書の処分に困った時に見るサイトです!

辞書買取

辞書や医学書など専門書の買取りや処分について



 

大きく場所をとる医学書や辞書などの専門書。
街の古本屋、ブックオフでは買取を行っていない(値段のつかない)高額な(定価の高い)書籍、辞書、洋書、医学書、大学での医学部テキスト、医学部受験の参考書、問題集等。
(ブックオフのサイトによると、辞書買い取り対象は発行後3年以内のものだそうです。)

 

それぞれの専門書には、それぞれの思い出や愛着があると思います。
でも、未練がましく思っていても仕方がないので、
「これらの本の必要な部分は、全て授業脳みそに叩き込んだ!」
と思うことにして処分しましょう。
実際、貴方の本棚には過去に一生懸命読んだ専門書や辞書、医学書でも、
この10年間に一度も手にしたことがない本 がたくさんありませんか?

 

購入する時にはとても高かった辞書・医学書・専門書ですが、
大手の古書店で売るときには二束三文にしかなりません。
むしろ一般的な買取古書店では、
辞書や医学書等の専門書の買取をしていないところが多いのです。

 

しかし、そういう専門書ばかりを扱う古書買取店も実際には存在」するのです。
古本屋に持っていくなら個人経営の古書専門店の方がいいかもしれません。

 

ただ、辞書や専門書、医学書はだいたい大きくて重いものですよね。
そんな重量のある専門書をたくさん自分でかついで古本屋回りをするなんて、考えただけで嫌になりますよね。

 

あとは、自分でヤフオクなどのネットオークションサイトへ出品する方法もあります。
ただ、そういうサイトだと時間や手間もかかるし、詐欺みたいなことも多いので躊躇してしまいます。

 

そんな時に便利なのが辞書や医学書など専門書の買取りや処分をしてくれるインターネット買取サイトの存在です。
そういうサイトで高額買取が可能な語学辞書の例を取り上げてみます。

 

まず高価買取が期待できない語学辞書の例を挙げると、
オーソドックスな英和辞書や和英辞書などはあまり高価買取は期待できません。
これらは市場に多く余っているので買取相場も安いのです。

 

フランス語やドイツ語、イタリア語などの辞書も一部高く売れるものがありますが最近では相場が下落気味です。
問い合わせだけなら無料ですので、ダメ元で聞いてみるのもアリかもしれませんね!?

 

通常、買い取ってもらえない本の一例。

・ISBN(国際標準図書番号)が付いていない本(*)
 ISBNとは国際標準図書番号で書籍の裏表紙等についており、赤枠で囲った部分です。 
・古書
・百科事典
・新聞
・各種雑誌
・漫画雑誌
・コンビニ漫画
・個人出版の本

 

逆に高く売れる語学辞書は
「ロシア語」、「ギリシア語」、「タイ語」、「スウェーデン語」などの少しマイナーな語学関係の辞書は高く売れます。
中には5000円以上で買取してもらえるものも少なくありません。

 

また、貴重な医学書や専門書の場合、古本買取価格がブックオフ等他店の10倍20倍になることもあります。
やはり、無ジャンルで扱っている買取店よりも、専門分野に特化している店舗がお得です。

 

貴方の手元にマイナーな語学辞書や医学書等の専門書がありましたら是非一度ネット査定依頼をしてみてください!
思わぬ高値が付く事がありますよ。

 

ビジネス、コンピュータ、法律など専門書専門書辞書買取は【バリューブックス】がオススメです。

 

バリューブックスは「高額買取」は勿論、「最短2日のスピード入金」「5冊以上で送料・返品無料」と、
顧客の時間を大切にするサービスを心掛けており、「会員登録不要」にも関わらず多くのリピーターが使っているサイトです。

 

↓まずは以下の公式サイトをご確認ください↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...

医学書買取、専門書や辞書の処分は郵送で!

ほとんどの人には縁がない医学書買取、専門書や辞書。
そのため買い取ってもらうためには価値がしっかりとわかる古書店を選ぶことがまず大前提となります。

 

しかし、それでも医学書買取、専門書や辞書なら何でも高く買い取ってもらえるわけではありません。
やはり、古書としてどれだけ価値があるのかが重要なポイントとなってきます。

 

医学書、専門書や辞書などの古本を古書店で買い取ってもらうための方法には大きく分けて3種類が考えられます。
直接店舗に医学書、専門書や辞書を持ち込むか、出張買取を依頼するか、郵送買取を利用するかです。

 

医学書、専門書や辞書を買い取ってもらうためには、これらのうち郵送買取を利用するのがお勧めです。
まず医学書、専門書や辞書の場合、買い取ってもらえるかどうか、納得のいく金額で査定してもらえるかが大きなポイントとなります。

 

重い医学書、専門書や辞書を苦労して持ち込んだはいいけれど、買取不可、あるいは買い叩かれてしまった場合は泣くに泣けません。
また近くに医学書をきちんと査定してくれる店舗がないという問題もあります。

 

それから医学書、専門書や辞書を処分する場合には、一度に大量に売るケースが多いため、持ち込みは現実的ではありませんし、出張買取の場合も納得のいく査定金額にならなかった場合は断るのが難しいという面があります。

 

その点、郵送買取の場合は古書店へ売りたい医学書、専門書や辞書を郵送するだけで査定・買取を行ってもらうことができます。
これなら、全国にある医学書、専門書や辞書取り扱う古書店を利用することができますし、面倒を省くことができます。

 

売りたい医学書、専門書や辞書をダンボールに積めた後、宅配業者に連絡すれば自宅まで取りに来てくれます。
面倒なことは何一つありません。

 

保存状態。これは特に重要です。
勉強のために使うことが多い医学書の場合、どうしても傷んでしまう傾向が強くなります。

 

アンダーラインや赤線、書き込みなどをしてしまっている場合もあるでしょう。
そうした場合は医学書買取価格はかなり低くなってしまいますし、あまり書き込みが目立つ場合には医学書買取してもらえなくなります。

 

また、古書店によっては売る冊数など一定の条件をクリアすれば、送料を負担してくれる場合もあります。
これを利用すれば余計な負担もなく、郵送買取を利用することができるのです。

 

これらのメリットから見て、医学書買取、専門書や辞書の処分にはまず郵送を利用するのが一番だと判断できるでしょう。
そんな医学書、専門書や辞書の買取では、専門的に取り扱っている古書店を探すことが大前提となります。

 

まず価値がちゃんとわかっていること、そしてキチンとした価格で買い取ってくれることを事前にチェックすることが重要になってくるでしょう。
現在ではインターネットで古書店を探すことも可能ですから、まずは古書店探しからはじめることになります。

 

内容の価値の変動がそれほどない医学書は、発売から年数が経過していても高い価格で買い取ってもらえる場合もあります。
それだけに、医学書買取、専門書や辞書の査定基準や内容の判断をしっかり行うことができる店舗で売ることが重要になるのです。